« 留学先の到着地を選ぶ? これこそが、あなたが知るべき真実なのです... | トップページ | 仕事と同じで、何をやってもうまくできないとき、それでも好きなのか? »

2021年9月 7日 (火)

お金がないのにこども保険に加入するにはどうしたらいいですか?

11

まず、子供のために商業保険に加入することを考えると、これは親としての責任感が強いですね。 保険の加入が早ければ早いほど、保障期間が長くなります。 市販の保険に早く加入することで、子供の将来を守ることができます。

兒童保險

こども保険は、一式でも年間2,500円以下と、実は非常に安価なものですが、その分、さまざまなメリットがあります。 この記事では、子どもに合った市販の保険に加入する方法について詳しく紹介しています。

お金が足りないなら、子供に装備させるべきだ!」と。

子供のために市販の保険に加入する前に、このような落とし穴に足を踏み入れる必要はありません!

お子さまの保険に加入する前に、まず、どのような保険がお子さまに適しているかを十分に検討する必要があります。 無差別に保険に加入すると、お子さんが充実した保障を受けられないだけでなく、経済的な負担を上げるという恥ずかしい事態に遭遇し続けることになり、市販の保険の損得が無意味になってしまいます。

誤解1:民間の保険であれば、子どもは必ず加入しなければならない

これは単純に事実ではありません。 実は、市販の保険の中には、子どもには向いていないものがたくさんあります。 例えば、生命保険は家族の経済的発展を支援するために仕組まれた重要な保険であるが、子供が生命保険に加入した場合、市販の保険ではペイアウト・ルールを経験することが難しいだけでなく、毎年保険料を支払わなければならず、まさに泥縄でお金を使うことになる。

このような状況の中で、当社はお客様のご要望にお応えし、お客様のニーズに合った製品を提供することを目指しています。

誤解2:リターン型の保険にしか入らない

現在、多くの親御さんは「病気になっても退職金がない」という返金型の保険に入るでしょう。一見、お金を払わなくてもいいように見えますが、実はこのような営利目的の保険は「水」の中に入っていることが多いのです。

還付型大疾病保険の場合、保険料は高いが、保障は万能ではない。子どもが不幸にも大疾病にかかってしまったら、保障や補償は満足のいくものではなく、高額な治療費という落とし穴が埋まらず、まったく意味のない市販の保険が販売され、根絶することができないのである。

2つ目は、経費の予算が足りず、子どもにはこれくらいの装備が必要だ!ということです。

問題を提起するために、先生は低保険料高補償の商業保険プランプログラムのセットを装備しています:大疾病保険+医療保険+事故傷害保険

ここで、先生に見せていただきたいのですが、この3種類の保険は~です。

1、重症疾病保険

重大疾病保険の実際の意味は、保険の規定で重大疾病になった時点で、自動車保険会社が同時にあなたの口座に保険金を支払うという事実による。

現在、子どもたちの免疫力や抵抗力は非常に低く、突然の大病に見舞われる可能性が高いと言われています。 子どもが大きくなると、自然環境や触れるものが変わり、病気にならない健康な状態を維持することが難しくなります。 ここでは、子どもや青年がかかりやすい16の主要な病気を紹介します。

敗血症を例にとると、この病気にかかった子供たちは数多くのケースがあり、治療費は30万円程度になることもあります。 自分の子供に重大疾病保険をかけていない場合、経済発展の低い一般家庭がそのような高額な治療費を払えると思いますか?

高額保険金額の重大疾病保険は、賠償金が支払われた後の子供の治療費に充てることができ、また、子供の体を修復する状況を早く与えることができ、親の経済的負担を大きく軽減することができます。

2.医療保険

昨今、子供のために医療保険に加入する親が増えていますが、医療保険ではカバーできない特殊な薬剤や一部の特別な治療基準など、医療保険には多くの制限があり、医療保険は重要なケースでその価値を発揮する補完的な商品であることは言うまでもありません。

子どもたちは、昔から熱や風邪などの病気にかかりやすく、入院には多額の費用がかかります。

100万円の医療保険のメリットは、保険料の安さが高額な保障を生かすことができるので、お子さんのほとんどの医療費が安く済むことです。 この辛口の知識は一見の価値あり!です。

3、偶発的な傷害保険

人々の生活は不確実性と事故に満ちており、大人であっても、子供はもちろんのこと、自分たちの生活が上下の事故に遭いやすいものではないことを確認することはできませんか?

事故傷害保険には、事故死、障害、治療の3段階の保障義務があり、商品によっては死亡まで保障してくれるものもあります。

子どもたちの自己認識が弱いため、新しいものに誘惑されると、知らず知らずのうちに非科学的な選択をしてしまうことがあります。 親に過失がある限り、事故の際には親が自主的に行動するのが普通です。

傷害保険は、子供向けの商用保険に加入する際に特に検討すべき保険です。 傷害保険の選び方も検討が必要ですが、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ここでは、お金が足りない親のためのビジネス保険プランをご紹介します。

全体で年間2,300ドル以下となり、非常にお得なパッケージです。

非常にお勧めの重大疾病保険は、軽症、中等症、重症の病気を幅広くカバーする「ラブライフ・ガーディアン」です。 この商品は、保険契約後10年・20年の間に大疾病と初めて診断された場合、保険金額の150%をお支払いします。中程度の病気の場合は2回、続いて保険金額の50%/60%をお支払いしますが、これは現在市場に出ている他の商品よりも高い水準です。軽度の病気の場合は3回、続いて保険金額の30%/40%/50%をお支払いしますが、これは非常に優れた与信限度額です。また、複数の重篤な病気や子どもの特別な病気に対してもお支払いします。 /珍しい病気にも対応した保険で、一生涯50万の補償があり、年間1,845円で済むのでお得です。

本製品は、一般診療、大疾病、特別なニーズのある外来診療、陽子線治療、特殊な薬剤サービスなど、幅広い医療分野をカバーしています。 子供が不幸にして病気になった場合、治療費は間違いなく高額になりますが、この医療保険は包括的にカバーし、必要な医療費のほとんどをカバーします。

事故傷害保険は、死亡や障害を高水準でカバーし、火傷や熱傷にも追加の給付がある「Safe Little Naughty Children's Accidental Insurance 2019」を強くお勧めします。 保険料は市場に出回っている他の商品に比べてはるかに安く、コストパフォーマンスが非常に高く、お得です。 お子さまが不幸な事故に遭われた場合、医療費をまかない、お子さまの体を修復するためのお金が残りますので、経済的な負担が軽減されます。

以上のように、予算に余裕がなくても、上記のような方法をとれば、子どもの事業保険はカバーできます。 市販の保険はリスクを防ぐためのもので、これから長い道のりを歩んでいく子どもたちには保険の加入が不可欠です。 この記事では、子どもの保険の加入方法について詳しく紹介しています。

相關文章:

兒童保險那麼火,究竟需不需要給孩子買?看了就懂了!

小寶寶保險怎么買?收好這一份少年兒童保險配置手冊

お金がないのにこども保険に加入するにはどうしたらいいですか?

 

« 留学先の到着地を選ぶ? これこそが、あなたが知るべき真実なのです... | トップページ | 仕事と同じで、何をやってもうまくできないとき、それでも好きなのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 留学先の到着地を選ぶ? これこそが、あなたが知るべき真実なのです... | トップページ | 仕事と同じで、何をやってもうまくできないとき、それでも好きなのか? »