« Would you truly understand what a cloud computing alternative is? | トップページ

2021年2月10日 (水)

大豆レシチンの役割と栄養を知ることはもっと重要です!

Images-10

多くの国で、レシチンは人気のある栄養価の高い食品になっています。大豆リン脂質とは、大豆から抽出されたリン脂質を指します。レシチンは、タンパク質やビタミンに加えて「第三の栄養素」と呼ばれています。

卵磷脂

1.肝臓の保護剤です

レシチンは脂肪肝を防ぐだけでなく、人間の肝臓細胞の再生を促進することもできます!同時に、リン脂質は患者の血清コレステロール含有量を減らし、肝硬変を防ぎ、肝機能の回復を助けることができます。レシチンの抗アルコールメカニズムとその強力な乳化技術は、肝細胞を完全に保護することができます。同時に、肝細胞の活性化と再生を促進し、肝機能を強化し、アルコール性肝硬変を効果的に軽減することができます。、Fatty肝臓および他の病気。

2.心臓の健康に良い影響を及ぼします。

それは体内のコレステロールの含有量を調節し、コレステロール、高脂血症、冠状動脈性心臓病の発生率を効果的に減らすことができるからです。

3.学生の脳の発達を促進し、彼らの記憶を強化します

ノースカロライナ州デューク大学の心理学教授であるウォーレン・ライヒ博士は、レシチンを与えられた妊娠中のマウスは彼らの子孫に知能テスト(迷路テスト)を与え、彼らの記憶はレシチンを与えられなかったマウスの子孫よりも有意に良かったと言いました。

4.血管の「スカベンジャー」です

レシチン製品は、中国の油を乳化および分解する効果があり、体循環を改善し、患者の血清脂質を改善し、過酸化物を除去し、血中コレステロールと中性脂肪細胞を減らし、血管の内壁の脂肪を減らすことができます。一定期間、アテローム性動脈硬化プラークの消失を促進し、コレステロール値によって引き起こされる血管内膜組織の​​損傷を防ぎます。レシチンの摂取は、高血中脂肪と高コレステロールに非常に大きな影響を与えるため、関連する動脈硬化症(高血圧、心筋梗塞、脳出血)を予防および治療することができます。

5.糖尿病患者のための栄養製品です。

ブドウ糖を血液から細胞に輸送するのに十分なインスリンを分泌できないことは、糖尿病の根本的な原因の1つです。

レシチンが不足すると、膵臓の機能が低下します。

1日に20グラム以上のレシチンを食べる場合、糖尿病の回復は非常に重要です。多くの患者はもはやインスリンを注射する必要さえありません。これは、糖尿病壊疽およびアテローム性動脈硬化症の合併症に特に効果的です。

関連記事です

レシチンは脳にかけがえのない効果をもたらします

レシチンの効能と役割、そしてレシチンの副作用!

コレステロールの移動を助けるフォークリフトであるレシチンは、3種類の食品が豊富なので、お金をかける必要はありません

 

« Would you truly understand what a cloud computing alternative is? | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Would you truly understand what a cloud computing alternative is? | トップページ